ネット集客のコツ

続けるために必要なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやブログは頻繁に投稿すればより多くの効果を得られる可能性があがります。

 

一方でお客さまの対応をしながら、空き時間などを利用して投稿する記事を書くというのは大変そうですよね?

実際、続けることができないお店が多いのも最初のうちは気合いで頑張ることができるが、目に見える効果が出るまでに時間がかかるため、その気合いも続かなくなり、徐々に更新しなくなるというのがほとんどです。

では、どうすれば結果が出てくるまで投稿を続けることができるのか?

それは、投稿するということを習慣化させることです。

「まあ、当然だよね。」という声が聞こえてきそうですね。笑

もちろん、これだけで終わらないので安心してください。

 

では、どうすれば習慣化がうまく行くかです。

ここを意識しなけれな気合いや本人のやる気に頼ることになり、失敗する可能性が高くなります。

習慣化のコツは「気合いでなんとかしない」ことです。

そのために、スケジュールやタイミングを業務内容の中に組み込むことをおススメします。

まずは内容よりも、書くという習慣をつけることが先決です、いい内容を書こうと気合いをいれることは大切ですが、気合いをいれすぎると当然すぐにエネルギーがなくなります。

 

あなたにも経験があると思います。

朝、起きたとき、「もっと寝たい、今日休みだったらいいのに」と思っていたのに出勤するといつの間にか、今日休みだったらいいのにという気の抜けた感覚がなくなっていることが

やる気が満ち溢れている時は、身体が軽くなったかのようにどんどんと行動ができるように、

行動をしていくと、逆にやる気が出てくるものなのです。

 

これは心理学の実験でも証明されているもので、

無理して笑顔を作っていると楽しい気持ちになり、無理して怖い顔を作ると怒りの感情が浮かんでくるのです。

もし、疑問に感じるのなら、試してみてください。作り笑顔でもいいので、満面な笑みを作り、胸を張った状態で気分が悪くなることを考えてみてください。

いつもより、難しくないですか?それにそこまで気分が悪くならなかったと思います。

 

そして、あなたも日々そのような経験をしていると思います。

あなたのお店のスタッフがうつむいた状態で、背中が丸まっていたら

「何かあったのか?」

と感じませんか?

人の身体と感情は繋がっているのです。

 

だから、まずは始めること、続けることが苦もなくできるように、業務スケジュールの中に組み込むようにしてみてください。

そして、慣れてきてから徐々に内容や写真の撮り方にも意識を向けるようにしてみてください。
その方が結果的に、良いものが投稿できるようになります。
経験に勝る知識はありませんから。

 

コメントを残す

*