ネット集客のコツ

入り口がボロいと不安になりませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページは自分のお店の玄関

ここをご覧いただいている方でもお店のホームページを持っている方は多くいると思います。
私は定期的にいろんなお店のホームページのチェックを行なっているのですが、営業しているにも関わらず、最終更新日が数年前だったり、お問い合わせのフォームが動作しなかったりするお店は案外多かったりします。

正直、それってすごくもったいないですよね。
ほとんどの人が手元にスマホを持っているので、気になるお店があれば、まず検索すると思うんです。そして検索した結果、表示されてるホームページが古いものであれば、正直不安になりませんか?

美容室や飲食店であればホットペッパーなどに掲載しているから問題ないと考えている人もいますが、それならそのページへのリンクを貼るか、ホームページ自体を無くしてしまった方がいい。

ホームページというのは、お客さまとお店を繋ぐ入り口です。

その入り口がボロボロだったらやっぱり「そこに行きたい」なんて思えないじゃないですか。

未だに不思議なのですが、技術があればお客さまは来るとか、来てもらえれば満足させることができるとか、言っている人が多いんですが、

そうかもしれませんが、入り口がボロかったらそもそも入りませんよ?っていう話を都合よく無視してしまうんです。

だから私にホームページ制作を依頼してくださいってわけじゃないですが(もちろん受付はしています)

今なら、SNSやブログは無料で簡単に始められるし、ホームページもほぼ無料に近い金額でちゃんとしたものを持つことはできるんです。

すごくいい時代だと思うんです。

でも、何もしていないお店が非常に多い。

やっぱり集客に繋がりにくいからなんだと思います。

ホットペッパーや折込チラシに広告費をかければある程度新規のお客さまは来店します。
しかし、ホームページやSNSに時間をかけても来店するかわからない。

まあ、日々の業務も忙しいですから優先度が後回しになってしまう気持ちもわかるんです。

でも、そういう人のホームページには
“お客さまの綺麗を引き出すことが私たちの喜びです“
って書いてあるんですよ?

じゃあ、空いてる時間を使って、その知識を読んでくれる人のために発信したらいいと思うんです。それが集客に繋がったらラッキーって考えればいいじゃないですか?

しっかりと情報発信をしていればリアクションは返ってきます。
多くの人に喜ばれる内容があれば、それを実際に来店しているお客さまにもお伝えしてみれば
満足度も上がっていくんじゃないですか?

誰もが検索で情報を探せるような時代です、入り口がしっかりしていないといくら技術があっても見つけられないまま終わる存在になってしまうかもしれませんよ。

キツいこと言ってしまいましたが、価値あるサービスを提供していると感じているならなおさら頑張っていただきたいと思っています。

知りたいことがあれば、ご相談ください。

コメントを残す

*